ホーム コラム 23年間童貞だった僕が出会...

23年間童貞だった僕が出会い系サイトで彼女を作るためにした49のこと

8
シェア

「彼女を作るために必要なことは何か」「彼女を作る方法ってどうやって学べばいいの」
こういった疑問をお持ちではないですか。

23歳まで彼女がいなかった筆者が出会い系サイトを使って恋愛を研究し、その後の4年間で7人もの女性と交際する中で意識したこと、また行動したことを紹介します。

この記事は以下の流れになっています。

  1. 自分を変えるために行った11のこと
  2. 出会いを増やすために行った10のこと
  3. アプローチする時に心がけた12のこと
  4. デートと告白を成功させるために行った16のこと

本記事を読んでいただければ、彼女を作るために必要な流れが把握でき、実践できます。

49個の行動を紹介しますが、その中でできるところから実践していただければ良いと考えます。

そのできることを増やしていくことで、彼女ゲットに近づけます。

目次

はじめに

筆者は23歳まではお洒落にも体型にも気を遣わず、彼女が欲しいと思っていただけでした。
しかし、一向に彼女はできず、その気配すらありませんでした。

当然です。何も行動しなければ彼女はできません。

その後筆者は複数の恋愛本や雑誌を読み漁り、自分がすべきことを選定し実践しました。

本記事で紹介することは、その中でも筆者が役立ったと感じたものばかりです。

筆者はこの49個の行動で自分を変え、彼女を作りました。

自分を変えるために行った11のこと

1.自分を変える 2.出会いを増やす 3.アプローチする 4.告白成功

まずは自分を変えるために10個のことを心掛け実践しました。
これらのことは彼女ができても継続し、自分を磨き続けることが重要です。
そうすることで、より理想に近い女性と付き合うことができます。

「清潔感」を意識した

筆者は昔「清潔=清潔感」と考えていました。

しかし、それは誤りです。清潔感とは清潔であるだけでなく、清潔な雰囲気を持っている
必要もあります。

ここを勘違いすると恋愛で大きく不利になるので、ぜひ押さえておきたいポイントです。

具体的には以下のポイントが重要です。

髪の毛 フケがない
整えている
ニキビがない
髭を剃っている
体臭がない
香水を付けすぎていない
爪を切っている
服装 よれたり傷んだりしていない
靴がきれい
ダサ過ぎない
仕草 くちゃくちゃ噛まない
姿勢がいい

これは、誰でも出来るセフレの作り方~世界一簡単な4ステップ~でも書かせていただきました。

これらはとても基本なので、日ごろから意識して習慣付けてください。

ファッションはプロに頼んだ

筆者はもともとファッションにも髪型にも関心がありませんでした。
しかし、モテるためには重要です。

筆者は最初どうすれば良いのかわからなかったので、とりあえずアパレルショップと美容院に行きました。

〇服装はショップ店員に任せる

服装のセンスに自信がない人は、とりあえず店員に頼めばコーディネートしてもらえます。
ただ極端にオシャレになる必要はありませんし、奇抜だとかえってマイナスにもなります。

そのため、店員には無難にまとめてもらうように頼みましょう。

〇美容院は行きつけの店を作った

筆者はそれまでは床屋で散髪していましたが、美容院に行って美容師に相談するようにしました。

自分に似合う髪型にシンプルにまとめてもらうようにすると、見違えるようになりました。

靴には特に気をつかった

女性は意外と靴をよく見ています。

清潔感のなさがもろに露呈する部分なので、筆者も気にするようにしました。

定期的に新しい靴に変えるようにしています。

ハンカチを持ち歩いた

手を洗った後にハンカチで拭くことは清潔の基本的な部分です。

優しさを意識した

男性とは異なる女性の性質を考慮し、気遣うようにしました。

たとえば、

  • 暑さ、寒さに敏感
  • 筋肉が少ないので、物が重く感じる
  • ヒールを履いていると歩くと疲れる
  • スカートを履いていると行動に制限が出る

こういったことを考慮し、一声かけられると優しい男になれます。

我慢して話を聞く

多くの女性は自分のことを話したい願望があります。
そのため、筆者は女性の話がつまらなくてもその素振りを見せずに聞くようにしています。

そして、女性の話を聞く際に重要なのは「共感」です。
間違っても「アドバイス」ではありません。アドバイスは求められたとき以外は辞めて、とにかく共感することが重要です。

自慢話は辞める

自慢すればするほどつまらなくて、小さい男と自分で言っているようなものです。
女性は男性と関わるなかでその相手を判断するので、自分の実績などを話しても意味がありません。

まったくメリットがないので辞めた方が良いです。

相槌をうつ

女性の話に共感するには相槌が必須ですが、同じ相槌ばかりだと興味なさそうな印象をもたれます。

そのため、相槌のバリエーションを増やすと良いです。

さしすせその相槌というものがあります。

すが
らなかった
ごい
んすいいね
うなんだ

この5つの相槌をベースに自分なりにアレンジしていくと相槌のバリエーションが増えます。

オウム返しを使う

相手の話に対して相槌をうつだけでは限界があるので、相手の言ったことを少し変えて言い換えるオウム返しが有効です。

具体例を紹介します。

女「最近毎日仕事で残業なんだ。もう大変!」

男「そうなんだ、それは大変だね」
↑効率化がどうとかは絶対に言わない

女「上司がまじで苦手だからほんとキツイよ・・」

男「仕事も上司もキツイと余計に大変だね」
↑自分の方がキツイとかは絶対に言わない

女「そうなんだよ!しかもさ~・・・・・」

このようにちょっと変えて繰り返すことによって、会話が成立します。
途中で話の流れを変えるようなことはしない方が良いでしょう。

相手のペースに合わせて会話が進めばそれでよいです。

ジムに通い始めた

ジムで体を引き締めることによって、ルックスのレベルが上がります。
イケメンの体は引き締まっていることが多いでしょう。

理想は絶対に下げない

筆者はある女優が好みのタイプだったのですが、この理想は下げませんでした。

最初にできた彼女はその女優とは似ても似つかなかったのですが、それでもあきらめずに自分磨きを続けました。

その結果、最終的には好みの女優以上と思える女性と交際することができました。

どんなに高い理想でも、諦めずに努力することで到達できます。

出会いを増やすために行った10のこと

1.自分を変える 2.出会いを増やす 3.アプローチする 4.告白成功

出会いを増やすことによって、以下のようなメリットがあります。

  • 恋愛経験を積める
  • 一人に振られても余裕が持てる
  • 他にも女性はいるという自信になる

男友達を増やした

筆者は彼女作りに没頭しつつも、男友達を増やしました。
それは、そこから紹介や合コンがあることを期待したからです。

そして、実際に紹介や合コンもありました。

昔の女友達に連絡した

アドレス帳やLINEに入っている女友達の連絡先を洗い出し、飲み会に誘いました。

成功する場合もあれば失敗する場合もあります。
うまくいけば昔の女友達が彼女になる可能性があります。

普段の行動でシミュレーションを行う

普段の生活で実際に声を掛けないにしても、好みの女性がいたら声を掛けるシミュレーションを行います。
そして、十分にシミュレーションしたら実際に声を掛けると良いでしょう。
もちろん想定外の方向に会話が進んだり、無視される可能性もあります。

その点も踏まえて、マイナスのシミュレーションも重要です。

趣味を増やした

ジムやランニングサークルや料理教室に行きました。
実際出会い目的で来ている人も一定数いたので、彼女ができる可能性はあるでしょう。
彼女が出来なくても、女性と話す練習にはなります。

友人に紹介を頼んだ

これは手っ取り早い方法です。
その友人も踏まえて2対2くらいで飲むと良いでしょう。
彼女ができなくても楽しめますし、女性と話す練習にもなります。

クラブなどの出会いの場に繰り出す

これは向き不向きがありますが、楽しめる人には楽しいでしょう。
初対面の相手とたくさん交流することもできます。

ただその場に馴染めないとつまらないので、試してみるだけ試してみると良いです。

ネットの恋活アプリを使う

これはわりと無難に攻められる方法です。
クラブナンパなどに比べても失敗したときのダメージも少ないですし、慣れると作業化できます。

メッセージでコミュニケーションを取ることが苦痛でない人にはおすすめの方法です。

街コンなどのイベントに参加する

ネットで街コンの情報が出回っているので、気軽な気持ちで参加できます。

彼女という目的だけでなく、初対面の女性と接する練習になるでしょう。

連絡先交換のノルマを自分に課した

いろいろ活動した結果、なんとなく満足して結局女性の連絡先を聞かない可能性があります。
しかし、それだと本末転倒なので、「連絡先を聞く」という行動を自分の中でノルマにしました。
出会いの場に行ったら、最低でも1人は必ず女性の連絡先を聞くということです。

ナンパの本を読み漁り、実践した

ナンパはいろいろなやり方があり、会話がどの方向に流れるかわかりません。
そこで、筆者はまず本で研究して、シミュレーションを行い、その後実践しました。

頭のなかで会話のパターンがいろいろできていると、コミュニケーションに行き詰まることがなくなります。

アプローチするときに心がけた12のこと

1.自分を変える 2.出会いを増やす 3.アプローチする 4.告白成功

アプローチするときはなんとなくアプローチするのではなくて、その後の流れまできちんと考えてアプローチした方が良いです。

相手の反応に合わせて、食事やデートやいろいろな誘いを考えておきます。会話の流れでチャンスがあるので、そのチャンスに応じて適切なアプローチができると、狙い通りに事が運びやすくなります。

恋愛に絶対無理はないと意識した

女性がどんなに美人でも、チャンスはあります。
特にモテない男性は諦めがちですが、自分の魅力を磨けばチャンスはあります。また相手の女性の好みも千差万別なので、イケメンが好きとは限りません。

練習のつもりで不特定多数にアプローチした

女性慣れしているかどうかを女性は判断します。
女性慣れしている男性は好まれないという意見もありますが、なんだかんだで女性慣れしている男性の方がモテるものです。
それは女性とのやり取りが円滑に進みやすいからで、女性もそれを肌で感じるからです。

そのため、本当に好みの女性以外にも積極的にアプローチして、女性に慣れておくことをおすすめします。

共通の友人にはあえて相談した

狙っている女性と共通の友人がいる場合は、友人との関係を考えながら相談しました。
そうすることによって、協力してもらえることもあります。

がっつきすぎないようにした

女性に積極的にアプローチする必要はありますが、その際には相手の女性がそれを望んでいる必要があります。
相手にその気がないのにアプローチを続けても、無駄な努力になりますし、むしろ逆効果です。
この人モテないんだ、どうせモテないならとりあえずキープでいいや、と女性は考えます。

そういう理由でも、複数の女性と仲良くしておくことで、心に余裕を持つ必要があります。

LINEの間隔・文量を相手に合わせた

一方的に連続で連絡したり、文量が多いと相手の女性は引きます。
この辺は相手の女性に合わせると良いでしょう。絵文字に関しても同じで、相手によって変えます。
しかし、基本的には入れ過ぎない方が良いです。

LINEは返しやすさを意識した

LINEを送る際に、相手が返しやすくなる内容を意識する必要があります。
疑問文にすることによって、相手の返信が期待しやすくなります。

ただし、やりすぎると相手も返信を催促されている気分になります。

自分や相手のことをメインの話題にする

ニュースなどの話題だと、相手のこともよくわかりませんし、自分のことも伝わりません。
そのため、相手のことを聞くと良いです。
しかし、一方的に聞いてばかりも良くないので、特に最初のうちは自分の話もするようにしましょう。
ただし、自慢や愚痴ではありません。あくまでも相手が話しやすい環境作りのために自分の話題を提供します。

女性のデータを記録しておく

複数の女性とデートやメールをしていると、頭の中で情報が混ざります。

これは会話の際のぼろにつながるので、情報を整理しておく必要があります。

人間関係を壊すアプローチはしない

友人が好きな人や、同じコミュニティー内で複数の女性にアプローチするようなことは辞めましょう。

当たり前ですが、自分の評判や人間関係が悪化します。

相手に特別感を見せる

狙った相手に対しては、

  • こんなこと頼めるのは〇〇だけ
  • ○○と話していると元気が出る
  • 〇〇にならなんでも話せる

などの表現で特別感を演出できます。

告白のフラグも立てやすいでしょう。

男らしさをさりげなく出す

重いものを持ったり、高いところのものを取ったりです。
こうすることで、女性との違いを演出できます。

アプローチが失敗しそうになると次を探す

狙っている女性とうまくいかなさそうなときは、早めに次を探すと良いです。
同時進行にしておくことで、精神的な余裕が生まれます。

デートと告白を成功させるために行った16のこと

1.自分を変える 2.出会いを増やす 3.アプローチする 4.告白成功

デートをして告白するまでの流れを以下の16ポイントを意識しながら実践しました。

さりげなく誘う

デートに行くことが目的というよりは、何かやりたいことがあって、「一緒にどう?」という感じで誘います。

デートとなると相手も身構えるので、さりげなく見たい映画や、気になる飲食店があるから一緒にどうかな、という誘い方にしましょう。そうすると、女性側のハードルも下がります。

おもてなしを大切にした

女性を誘って来てもらっているので、相手への気遣いを忘れないようにしました。
ちょっとしたことですが、歩き疲れていないか確認したり、メニューの向きを相手に向けたり、車道側を歩いたりです。

デートコースは映画をよく使った

デートに映画を選ぶといろいろなメリットがあります。

  • 2時間程度何もしなくても、相手は充実した時間を過ごした気持ちになる
  • 映画の話題がその後の会話の材料になる
  • 事前予約することで、デートを確約できる
  • 話題の映画だと誘いやすい
  • 手をつなげるチャンスがある

こういったメリットがあるので、映画に誘うことはおすすめです。

同じ映画を見る

複数の女性と同時にデートを重ねているときは、他の女性とみた映画をまた見るとはずれがありません。

一回成功している映画なので、他の女性でも使えますし、デートそのものも失敗する確率が低くなります。

映画は事前予約した

当日席がないと最悪なので、事前に取ると良いです。

デート地周辺のスポットを把握する

デートで行く場所はある程度決めておきますが、臨機応変に動けた方が良いです。
そのため、周辺の情報をあらかじめ調べておくと良いでしょう。

当日下見を行う

始めていくデートスポットの場合、早めに言って事前に道を確認すると良いです。
そうすることで、道に迷ったりしなくなります。

清潔感を意識する

至近距離になる可能性があるので、鼻毛などは念入りに処理しておくと良いです。

荷物持とうかと声がけする

こういった配慮が重要です。

会計は全額負担

女性は会計を出そうとする人も多いですが、今度おごってと言えば良いです。
そうすると次につなげやすいでしょう。

映画の際は手をつなぐ

映画館で手をつないでおけば、その後の流れもスムーズです。
嫌がられた場合は、すぐに辞めると良いです。

映画後はカフェなどで共有する

映画の話題がホットなうちに、いろいろと話すと良いでしょう。

デートを早めに切り上げる

少し物足りないくらいで終わった方が、相手は次も会いたくなります。
逆に彼女候補でない場合は、そのままいけるところまでいくのも良いでしょう。

二回目のデートも得意なスポット

まだ相手との関係が深くないうちは、失敗を避けた方が良いです。

告白は3回目のデートで

メディアなどでも3回目のデートで告白が多いと言われるので、相手の女性の頭の中もそうなっている可能性が高いです。

そのため、3回目は無難でしょう。

これらの行動を複数の女性に行った

いろいろとデートなどに関して書いてきましたが、これらの行動を複数の女性に同時進行で行いました。
そうすることで、慣れますし、また失敗への心理的抵抗も減ります。

さいごに

理想の彼女を作るために筆者が意識してきた行動を紹介してきましたがいかがでしたか。

筆者が経験を通して感じたものなので、最初の段階から意識できていればかなり強いと思います。

ぜひ積極的に取り入れて、理想の彼女をゲットしてください。

ここまで読んでくれた方に、理想の彼女ができることを心から祈っています。