初メールから実際に出会うまでの流れ

    5
    シェア

    出逢い系サイトでは、さまざまなパートナーを探し、実際の出会いや関係まで進展させることが出来る手軽なコミュニケーションツールです。
    サイトを取り入れていく中で、やはり大切なのがその「やり取り」になってくるかと思います。
    ここでは、初メールから実際に出会うまでの流れというものについてポイントなども合わせて見ていきたいと思います。

    初メールを送る際には

    まず、気に入った相手が出来たらメールを送っていただくことになるでしょう。
    そこで、初メールを送る際の心構えやポイントについてあらかじめ考えておきましょう。

    第一のポイントとしては「誠実さ」を忘れないということです。
    文字だけだからという方もいらっしゃると思いますが、文字だからこそ誠実さというぶぶんは大切になってきます。
    実際に、出会い系サイトで誠実な人というのは印象も良く実際の出会いにまでつなげやすいタイプともいわれているのです。
    ですからこの点は忘れないようにしておきましょう。

    初メールを送る

    さて、実際に初メールを送る時ですがまずは「どこからたどり着いたのか」という部分について触れておきましょう。
    検索から・プロフィールから・募集書き込みから・・・などと様々な見つけ方があるかと思います。
    最初にこの部分に触れておくことによって、相手は安心しやすいですしやり取りも進めやすいことでしょう。

    そして自己紹介もしておくとよいでしょう。
    詳細に書く必要はありませんが、大体「自分はこんな人だ」という部分について書いておくと好印象です。
    また、先にやり取りが続くと過程をしたときにもスムーズな会話を楽しむことが出来るでしょう。

    合わせてどのような部分が気になったのか・魅力的だと思ったのかという点です。
    これは、褒めるということにもつながってくる部分ですので、印象度ばかりではなく、より良い関係を築いていく上でも重要なポイントともいえるでしょう。
    消極的だなどというタイプの方であれば、褒めるということが少し恥ずかしいような気持ちになるかもしれません。
    しかし、文字ではっきりと意思表示をすること・アピールすることは非常に大切なことですのでストレートに書くようにしてください。
    なお、この際、身体的な特徴や性的な部分についてダイレクトに触れないほうが良いでしょう。
    いくら自分が相手に対して魅力的だと感じた部分であっても、不快感を抱かせてしまったりまたはそうした部分がコンプレックスだと感じている人もいますので注意するようにしましょう。

    初メールでの注意点

    ここでの注意点ですが、先にふれた身体的・性的特徴にダイレクトに触れないという事以外にも重要な部分はいくつかあります。
    1つに「ネガティブな内容は避ける」ということです。
    読んでいて気分が沈むような文章とならない・内容を選択しないということは心がけるようにしてください。
    また、先を急がないということもポイントです。
    例えば、割り切った相手を求めているという場合、すぐに条件を提示したり会うことをせかしたりということもしがちとなってしまいます。
    こうした行動はあまり良い印象を与えられません。出来ればゆっくりと構えたペースで進めていくようにしてください。
    そして、悪口です。
    周りのユーザーと比較をしてさげすむような言葉を書いたりということも気をつけましょう。
    あくまで、周りを下げて褒めるのではなく「相手を上げる」ということを意識していただきたいと思います。

    初メールの後

    こうした初メールをした後、レスポンスがあれば暫くメールを使ってのやり取りをしていただくことをおすすめします。
    他愛ない話なども盛り込んでいただくと、お互いの趣味や共通する部分を見つけやすくなりますので、話が広がりやすいでしょう。
    このとき、話題の幅を持たせるために相手のプロフィールなどを呼んで趣味や好みなどを知っておくというのも良いかもしれません。
    関係の進展に関しては、それぞれの進度があるかと思いますので一概にはいえませんが、焦りすぎずに着実に進めていただくのが良いでしょう。
    有料サイトなどを利用しているという場合、ポイント消費の問題も出てくるかと思いますので、有効的なやり取りをしていきましょう。

    また、相手から返信がきたらなるべく早い段階でレスポンスをするのもポイントとなってきます。
    あまり待たせすぎてしまうと「その気がない」ですとか「放置された」という感覚を抱かせてしまうことになり、関係の進展がしにくくなってしまうのです。
    仕事をしていた・就寝時間だったなどという場合は仕方がありませんが、それ以外の場合はなるべく早く返事をするように心がけましょう。
    また、やむをえない事由によって遅れてしまった場合は、その理由も合わせて書いておくと良いでしょう。
    逆に、相手からなかなかレスポンスがない・遅いという場合にはせきたてるようなメールは送らずに「待つ」ということをするようにしましょう。

    やり取りのポイント

    ここでのやり取りのポイントですが、「話を続けたい」と思ってもらうことを最優先するようにしましょう。
    このことから、あまり長すぎる文章や話にまとまりがない文章・定型文などは避けるようにしてください。
    また、相手からの質問などは答えるように心がけましょう。
    無視を続けてしまうと「コミュニケーションが取れない」と思われてしまうかもしれません。

    そして、時間帯や頻度なども踏まえておくとよいでしょう。
    いくら自分のタイミングで見る事が出来るといっても頻繁に・時間関係なく送ってしまうと「非常識」だと感じさせてしまうかもしれません。
    どうしても伝えたいことがあるという場合には、前後にその旨を記しておくと良いでしょう。

    会う約束へと進めていく

    お互いの距離感が近くなっていったら次は具体的な部分へと進展していきましょう。
    会う約束に関しては、分かりやすい形で伝えるのがベターです。
    文字のやり取りですと、ニュアンスなどという部分については伝わりにくいので、出来るだけわかりやすい文章を送るようにしましょう。

    初めて会う時には、時間やスタンスなどにも配慮をすると承諾してもらいやすいでしょう。
    「お茶」「食事程度」などというワードを盛り込んでいただくと、気軽に会えるという感覚を抱いてもらえることでしょう。
    時間帯も、夜などではなく比較的に明るい時間帯であったり、場所においても安心して待ち合わせが出来るような場所を指定するのがポイントです。
    ただし、関係によっては秘密を守らなくてはならないという事があるかもしれません。
    そうした関係の場合はこれに限りません。

    秘密の関係の場合ですが、条件や交渉などというステップも必要となってくることでしょう。
    条件面の合致は非常に重要で、先々のトラブル防止のためにもしっかりとやり取りをしておきましょう。

    会う前に確認しておきたいこと

    ここで、会う前に堪忍しておきたいいくつかのことにも触れておきましょう。
    最初は「年齢」です。
    出会い系サイトの場合、原則として18歳未満の利用は禁止されていますが、その目をかいくぐって利用をしている方もいらっしゃるようです。
    場合によっては、法に抵触する可能性も出てきますので、実際に会う前に年齢確認はしておきましょう。

    そして必ずではありませんが、写真の交換などをしておくと待ち合わせの時にスムーズです。
    もし、写真が難しいようであれば、当日はどのような服装をしていくのか・髪形はどのようなものなのか・身長などについてお互い教えあっておくと良いでしょう。
    目印となるものを手に持ち合うなどというのも良いかもしれません。

    更には、万が一の時のために「連絡方法」についても決め合っておくのもおすすめです。
    基本的にサイト内の機能があればメッセージなどの確認もできますが、人によってはこの段階で個人的な連絡先を教えておくという方もいらっしゃいます。
    関係に合わせて連絡先を決めておくようにしましょう。

    実際の会う時のポイント

    デートのお誘いをスムーズに受け入れてもらうめたにも、実際に会う際のシチュエーションというものについても考えておきましょう。
    最初は「交通手段」です。
    電車かマイカーなのか・現地集合なのか迎えに行くのかなどといったスタンスです。
    関係によって異なってくる部分かとも思います。
    マイカーを使いたいという方も多いようですが、女性と会うなどという場合、女性によっては怖いという声もあるようです。
    ですから、事前に確認をしておきましょう。

    待ち合わせ場所についても、ある程度人がいるけれど見つけやすいという場所をチョイスすると良いかもしれません。
    街中のチェーン展開しているカフェなどですと比較的に多くの方が気軽に入れますし探しやすいことでしょう。
    割り切った関係の場合などにおいては、ホテルのロビーなどという選択肢もあるようです。

    会う前の服装などについて

    さて、実際に会う流れが出来たところで改めて自分自身の服装などのチェックもしておきましょう。
    これは、会う時の印象を大きく決定付けるものでもあります。

    全体的な部分においては「清潔感」を第一にしましょう。
    これは、男女問わずに重要な部分でもあります。
    洋服にシワや汚れはないか・着古したものではないかということから、髪型がぼさぼさ状態ではないか・男性であればヒゲの処理などをしっかりしているかどうかというのも気に掛けておきましょう。

    更には身体的な部分にも気を払っておきましょう。
    しっかりと入浴をし、体臭には充分に気をつけてください。
    耳の裏や脇の下・足の指などは特に体臭を感じやすい部分でもありますので念入りに洗うようにしましょう。
    体臭防止のために香水などを身につける方もいらっしゃると思いますが、香りに対しては敏感だという相手もいるでしょう。
    くれぐれもつけすぎには注意しましょう。

    体臭と合わせて口臭も気遣っておきたいところです。
    歯磨きはもちろんですが、前日にお酒や口臭の原因となるものを食べないなどという気遣いも大切なのです。

    実際の出会い

    こうしていくつかの工程を経て出会いまでたどりつくわけですが、ここでの時間の過ごし方によって関係が決定付けられることもあるでしょう。
    実際にデートをする時には「スムーズさ」というものを重要視していただきたいと思います。
    道に迷ってしまったり、どうしようかと戸惑ってばかりですと、せっかくのデートも楽しい時間とはいかなくなってしまいます。
    事前にある程度の「道筋」をつけておくのがおすすめです。
    あまり場所などを知らないという方においては、食事の場所などを調べて予約しておくというのも好印象につながりますのでおすすめです。

    また、新しい場所・イベント・人気のスポットなどは刺激にもなりますし多くの方が喜ぶ場所ともいえるでしょう。
    こうした場所に共に出向くことで距離感が近くなるという心理作用もありますので上手に取り入れてみても良いでしょう。

    継続的な関係を望んでいるという場合や割り切り関係ではないという場合には、最初のデートは短めにしておくのもポイントです。
    あまり長々と時間をとってしまうことで、疲労感だけが印象に残ってしまう可能性もあります。
    段取りとテンポを考えながら過ごすように心がけてください。
    割切り関係の場合、当日のうちにホテルへなどということもあるかもしれません。
    そうした時においても、スムーズに進めるようにある程度ホテルなどを調べておくと良いでしょう。

    デート中には相手への配慮も忘れないようにしましょう。
    ついついスケジュールや自分の事で精一杯になってしまうという方もいらっしゃると思いますが、相手が楽しんでいるかなどという事は常に気に掛けておきたいところです。
    予定通りに進めようとしすぎて相手が疲れていることに気が着かないなどという事がないようにしたいものです。
    態度ばかりではなく、言葉としてもかけるようにしましょう。

    そして最後には次につなげていけるようにしっかりとお礼を言ったり楽しかったことを伝えるようにしましょう。
    出来れば相手を褒めるような言葉や好印象だったことなどを合わせて伝えておくと効果的です。
    もちろん、言葉ばかりではなくその後に「お礼」としてメッセージを送るのも忘れないようにしてください。

    金銭的な部分についてですが、多くの金額をかける必要は特にありませんがケチになりすぎてしまうと印象を下げてしまうこともありますのでご注意ください。
    中には、小さなプレゼントを用意しておくという方もいるようです。こうした方法も有効的に取り入れられるかと思いますので参考にしてみましょう。

    あくまで「共に楽しむ」ということに重きを置くようにしていただくと、身構えなくても充分に素敵な時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか。

    流れを掴んで理想の関係へ

    こうして初メールから実際の出会いまでの流れやポイント・注意事項などについて触れていきましたが、それぞれの関係によっても多少異なってくるかと思いますので、臨機応変に対応していくように心がけましょう。
    難しく考えずとも、相手への気持ちや立場を思いやることによってスムーズに進められるかと思います。
    分からない部分については、相手に事前に聞いて確認しておくなどという事をしていただいても構いませんが、何度も同じことを聞かないようにしましょう。
    出会い系サイトを利用して、実際の関係まで進展させることは充分に可能ですので、積極的にアプローチをしてみてはいかがでしょうか。
    もちろん、同時進行をして現実的な可能性がある相手1人を最終的に絞り込むなどというスタンスを取り入れていただいても構いません。