ホーム コラム セフレとの関係を長続きさせ...

セフレとの関係を長続きさせるための方法やコツを教えます

6
シェア

qaTJiWXsbzews62T5TCnyF4JkupBr0Sn
せっかくセフレを作っても、2回目のデートにつながらず、定期的に探し直しとなっていませんか?
性感帯以外にも、刺激しておきたい相手のツボがあります。

セフレだからといって、体の相性だけでは続きません

セックスのみで繋がるセフレ。
恋愛感情が無いことから、お互いの気持ちを軽視してしまいます。
しかし、セフレも人対人の関係です。
長続きさせたいなら、体の相性だけでなく、人としての相性も大切にしましょう。

一緒にいて落ち着く、沈黙が苦でないなど 人としての相性を高める

体以外の相性は運命的なもの、自分で操作できないと考える方がほとんどですが、これは少し違います。
一部は工夫する余地がある”というのが実際です。

まずは、相手のタイプを正確にキャッチしましょう。

例えば、おしゃべりという印象の女の子と出会ったとします。
彼女の会話グセをさらに深く観察すると以下のように分けることができます。

  • 考えていることも含めて、全てが口に出るタイプ:実況型
  • とりとめがなく話し、同時に考えていくタイプ:ポエム型
  • 頭の中でまとまった考えを、教えるように話すタイプ:先生型
  • おしゃべり=聞き役に徹するというセオリーがありますが、例えば3つ目の先生型にそれをすると「ちゃんと聞いていない」と感じイライラとさせてしまいます。
    こう感じてしまうと人間関係としてはほぼ望みがありません。
    一回きりの相手となるでしょう。

    ではこのタイプには、どのように接すると良いのでしょうか?それは、相手の話を聞いて「学びがあった」ということをアピールし、デート後も彼女が話した内容に関連した発見や気づきを伝え合うことです。
    つまり、学校の先生相手と同じです。
    しっかりと授業を聞き、予習復習をする生徒は気に入られます。
    これが、先生方のツボです。

    出会系アプリで出会いセックスまでリードする間、女の子にとって嬉しいこと=ツボを刺激しましょう。
    次のデートを提案するのは相手からになります。

    お互いの“好きレベル”が同じなら、年単位で続きます

    相手のタイプに合わせるのと同じくらい大切なこととして、“自分にとって苦でない”という点があります。
    あくまでセフレ関係ですので、気遣いはごく少なく、量も同じくらいにしておかないと重く感じてしまいます。
    女の子が求めるものと、あなたの接し方のクセが似ていれば、お互い負担なく関係を続けられるでしょう。

    さらに、“好きのレベル”も重要です。
    恋愛感情ではなく、しかし人として嫌いでもない、愛着やなじみといった気持ちを共有できていることが、長続きの秘訣です。
    相手の気持ちはどうにもできなくとも、自分の感情は常にこの状態にしておくことで、快適なセフレ関係を続けられるでしょう。

    セフレも、人と人の関係です。
    お互いの“好きのレベル”を揃えるため、できる工夫をしましょう。